Author: tewtew

ソンクラーン祭りの水かけをしましょう。行かないといけない人気の場所を案内します!

ソンクラーン祭り

ソンクラーン祭りは、タイ人が長い間で伝統しています。タイのお正月とします。タイ人のみんなは高齢者の水掛行事をして願いをかけたり、お寺に行ったり、どこかで過ごすことができる日です。涼しくする活動は水かけです。この祭りになると、各場所は ソンクラーン祭り の水かけ祭りが行われます。人々のご都合で行くところが違います。次回の祭りはどこへ遊びに行くかわからない場合、大人気の3カ所案内します。誰が遊びに行ってもすごく楽しいです!

ソンクラーン祭り

1. バンコクのカオサン通り

バンコクでのソンクラーン祭りだったら、楽しく水かけをするところは絶対に カオサン通り です。道が短くても、雰囲気や楽しさは上位とされています。タイ人でも外国人でも大勢で3〜4日間水掛をします。またパブ、バー、レストランにも全てソンクラーン祭りの雰囲気になるように飾ります。お腹が空いたら、美味しいものを食べることができます。1年に1回しかない祭りなので、行ったことがない人はぜひ遊びに行ってください。

ソンクラーン祭り

2. チェンマイ県のクームアン通り

ソンクラーン祭りの連休にはチェンマイに行ったら、クームアン通りでソンクラーン祭りの水掛をしなければなりません。ここはこの祭りを「プラペーニー・パウェーニーピーマイムアン」と呼びます。水かけだけではなく、ラーンナーのことを感受するように他のアクティビティもあります。タイ人でも外国人でも楽しく水掛をします。色々なアクティビティもありますが、安全のことも忘れないでください。行ったことがない人にとっては新しい経験になります。

ソンクラーン祭り

3. チョンブリー県のカオラーム通り

バンコクは面白くないと思う人は、海に行ってソンクラーン祭りの水掛をしたくなるなら、カオラーム通りで遊びに行かなければなりません。ここはカオラームノンモンのチョンブリーの人気のお土産と同じように名付けられました。この通りはバーンセンビーチの近くにあります。バーンセンビーチは人気で、首都から1時間ぐらい離れています。楽しく水掛をすること以外は美味しいシーフード料理を食べることができます。そして、カオラームと美味しいタイのお菓子をお土産として買うこともできます。

それらのソンクラーン祭りの水かけの場所はにぎやかで楽しい雰囲気があります。行ったことがある人は気に入って、毎年行きたいです。行ってみたら、ソンクラーン祭りの水かけの雰囲気がわかります。

MRTは何でしょうか。MRTの近くにある観光地を案内します。

地下鉄 MRT は長期にバンコクの人に隣り合わせます。政治の一つのプロジェクトであり、交通のルートを伸びたり、便利にしたりしたい目的なので、MRTという地下鉄を作りました。現在41駅あり、バンコク内に行くことができ、交通の問題を解決することができます。地下鉄MRTの41駅に面白い観光地の近くある5駅は勧めます。

1. ワットマンゴーン駅は

ワットマンゴーン駅は開いたばかりのMRT駅です。ここは行かなければならない駅です。中は中国とヨロッパの芸術のハーモニーです。明るくて綺麗なので、旅客は写真をとることができます。地下鉄MRTから出たら、ワットマンゴーンカマラーワート又はワットレンネイイーという名前でよく知っているお寺があります。このお寺はヤオワラートの人気のお寺です。人生は良くなるために崇敬する人が多いです。その後、ショッピングしたり、有名な ストリートフードの 店で食べたりすることもできます。

地下鉄 MRT

2. サームヨード駅は

サームヨード駅は地下鉄MRT駅を見たら、すぐ写真を撮らなければなりません。MRTのサームヨード駅はSino-Portugueseで飾られます。過去の写真、チャラーンクルンの経路があります。駅から出て、面白いものがいっぱいあります。オーンロックユンという有名なレストランなどです。そして、カノムパンキンの店でデザートを食べに行きます。又サオチンチャーまで歩けます。

地下鉄 MRT

3. MRT のイサラパープ

MRTのイサラパープ駅の中は綺麗です。駅はワットホンラッタナーラームの近くにありますので、地下鉄MRTにはスワンで飾ります。出たら、お寺があります。中は綺麗な建築で飾られます。本堂の窓にスワンがあるのは特徴です。お寺の見学が終わってから少しだけ歩いたら有名なレストランに着きます。

地下鉄 MRT

4. MRT のヤエクノンタブリ

MRTのヤエクノンタブリー駅ショッピングとのんびりをしたい人向けです。ヤエクノンタブリーの近くにはノックフーク市場があります。ここには色々なメニューのストリートフード、新品と中古の服、ファッションの物がいっぱいです。そして、プラチャオタークシンを崇敬もできます。

地下鉄 MRT

5. MRT のサナームチャイ駅

地下鉄MRTのサナームチャイ駅に行ったことがない人に勧めます。駅から出て、1分で歩くとミュージアムサイアムの主な観光地があります。中は文化などのタイの歴史について見学できます。写真を撮るのが好きな人のために綺麗な写真スポットもあります。友達に進めることができます。

MRTの公共交通機関は便利で安いです。交通が楽になるために、MRTの各駅は主な観光地の近くにあります。上記の地下鉄MRTの5駅は交通が楽になること以外は、観光地までの交通はしやすくなります。

バンコクの旅行は車を使わないで、人気の観光地へBTSで行く方法を勧めます。

バンコクの交通は、現在自分の車を使ったら渋滞の問題に遭って時間がかかります。ですから、 BTS が大事なものです。旅行が好きですが、自分で車を運転したり、駐車場を探したりしたくない人にはBTSの観光地を勧めます。

まず BTS について

BTSの近くの観光地へ行く前に、BTSについて説明したいと思います。BTSとはバンコク、サムットプラーカーン、パトゥムターニー内(将来はまた伸びる予定)に提供するスカイトレインの形の公共交通機関です。MRTと別に経営することを承認されまhした。

提供する BTS ルート

現在はシーロム線とスクンビット線の2線あります。電車の種類はSiemens Modular Metro (EMU-A1)、Siemens Inspiro (EMU-A2)、CNR Changchun (EMU-B)です。この2線はサイアム駅で乗り換えの駅です。

BTS が使える観光地を勧めます。

1. サイアム駅

誰でも知っている駅です。サイアム駅に着いたら、若者の遊ぶところがあります。サイアムセンター、サイアムディスカバリー、サイアムパラゴン、サイアムスクエアです。週末の休日は楽しく食事をしたり、映画を見たり、ショッピングをしたりする人が多いです。

BTS

2. モーチット駅

タイの中で1番大きい市場でショッピングするのが好きな人向けです。モーチット駅に着いて、すぐチャトゥチャック市場があります。特に土日はふく、本、木、コレクターアイテム、ペットなどの色々な商品を売っています。お腹を空いたときにも美味しい料理があります。ここで楽しくよくて安いものも買えます。

BTS

3. タラートプルー駅

トンブリー側のBTSに行ったら、この駅へ行かなければなりません。駅から降りてから少し車でも歩いてもタラートプルーまで行けます。ここは料理とデザートが人気です。各店には特長のメニューがあって、お腹がいっぱいまで食べた後、他人にお土産として買えます。

BTS

4. アソーク駅

バンコク中心で遊びたい人はこの駅に行くのが勧めます。ここはターミナル21というデパートで楽しく遊ぶことができます。店と、高級なレストランなどの店があるので、楽しくショッピングすることができます。

BTS

5. アヌサウリー・チャイ・ソムラプーム駅

この駅は食べ物と使い物がいっぱいで、バンコクの人の生き方を見ることもできます。安い商品のショッピング以外は船ラーメンを食べたり、映画を見たりすることもできて、嬉しくなります。

上記の各駅の観光地は、面白くて行き方も便利です。自分で車を運転しなくてガソリン代が払わないで、時間もかかりません。渋滞に心配しないでBTSを使うの方が便利です。

特急なバスのBRTで交通が便利になります。バンコクの人が使ってみなければなりません。

バンコク ではすごく渋滞なので、公共部門は民間と協力して、臣民が目的地まで便利で、時間がかからないで行くように交通システムを探しました。一つの有名な交通は BRT です。皆さんは聞いたことがあると思いますが、どんなサービスを提供しているかわからないかもしれません。案内しますので、読んでみてください。

BRT

BRT は何でしょうか。

BRT は特急なバスです。ルートはラーチャプルック駅からサートーン駅までです。このルートはバンコクの最初のルートです。距離は15.9キロメートルです。ラッチャダーピセークとタープラ、プラーム3の橋を渡る、プララーム3通り、ナラーティワートラーチャナカリン通りまでです。バスの通行は別の通行ですが、一般の通りにあります。別れ道とプララーム3の橋などは乗員が3人以上の車と同じ通行を使います。

BRTバスは2005年に公式にスタートしました。予算は14億バーツで2007年に建てて、2010年に公式に提供しました。でも、毎年、年に約2億バーツの赤字だったので、2017年にBRTバスを中止するようにアナウンスして、このルートはグレイ線のスカイトレインを作ろうと思いました。BRTバスの利用者は中止したくないです。又そのお金は臣民の税金なので、中止したら、大金が失うことになります。ですから、現在でも提供しています。

BRT

運賃と駅

BRT バスの運賃は過去5バーツからでしたが、上記の赤字累積なので、運賃が15バーツになりました。

駅と公共運輸の乗換は、サートーン駅はBTSのチョンノンシー駅の乗換、アーカーンソンクロ駅、テクニッククルンテープ駅、タノンチャン駅、ナラーラーム3駅、ワットダーン駅、ワットパーリワート駅、ワットドークマーイ駅、サパーンプララーム9駅、チャルーンラート駅、サパーンプララーム3駅、ラーチャプルック駅は BTSのタラートプルー 駅の乗換です。

BRT バスはラーマ3通りに住む人にとって大切な交通なので、まだ利用されています。特急なBRTバスに乗りたいなら、上記の駅で利用できます。

One Day Trip自転車に乗って旧市街と観光スポットを見てアユタヤの遊びをします。

アユタヤの遊び

タイのみやこだったプラナコーンシーアユタヤ県は、現在綺麗な観光地です。バンコクの人は1日で遊びに行くことができます。ここは色々な観光地があり、バーンサイアーツアンドクラフトセンター、アヨータヤー水上マーケット、ゴーンコーン市場、バーンバイン離宮、プラナコーンシーアユタヤの歴史の公園などです。でも、One Day Trip自転車で アユタヤの遊び をしたいなら、オススメの観光地もあります。楽しくて功徳を得て、勉強もできます。

アユタヤの遊び

アユタヤの遊びは車でもバスでも行けます。自転車用の地図は何箇所にも用意されます。提供する場所を選ぶことができます。例えば、駅、ゲストハウス、居所などのところでレンタルできます。アユタヤの遊びの自転車ルートは、レンタル場所が自転車ルートと有名な観光地の地図を用意してくれますので、心配する必要がありません。でも、長袖と長ズボンを着た方がいいです。又、光に当たらないように帽子とマスクなどのものをするのがベストです。自転車でアユタヤの遊びのテクニックが分かりましたら、次の観光地を案内します。

アユタヤの遊び

アユタヤの遊び ルートは駅からスタートしたら分かりやすいと思います。自転車のレンタルの店で好きなものを選んで、プロセスのとおりにしてください。その後、プリーディータムロン橋に向かうルートのとおりに行ってください。橋を渡ってからプリーディーパノムヨン通りに行ってシーグン通りに右を曲がって、しばらくワットマハータートに着きます。このお寺は仏像の頭が2つ木の中にあり、古いストゥーパ、八角形の仏塔あります。ここで終わってから、ナレースアン通りに向かってワットラーチャブーラナがあります。アユタヤ時代のプラアーラームルアンです。本尊がねじれの回廊で囲まれています。ここは仏堂があります。過去財産を収めましたが、窃盗されました。現在は勉強するために開場しました。

アユタヤの遊び

ナレースアン通りに戻って、しばらく行ったらワットプラシーサンペットがあります。色々な旧跡を見ることができます。3本の仏塔、ウィハーンルアン、ウィハーンプラローカナート、隣にあるウィハーンプラモンコンボーピットあります。今回アユタヤの遊びに幸運になるように参拝することができます。そして、レストランやカフェなどでご飯を食べたり、コーヒーを飲んだりすることもできます。それから、後半日、色々な観光地がまだあるので、自転車で行けます。近くにあるところは例えば、ワンチャンアユタヤ、アユタヤ歴史公園などです。でも、自転車の返す時間は忘れないでください。

それらは、アユタヤの遊び の自転車ルートの一部です。どれぐらい楽しいか知りたいなら、自分で試してみてください。

メーホンソン県の4つの観光スポット : 自然愛好家のための休暇先

メーホンソン県 はタイで最もロマンチックな都市の一つです。 その自然で素敵な天気で知られている都市で、自然を愛する人々に適しています。ここには、伝統的な先住民文化を持つ山岳民族の村があります。ここに旅行する人のために、彼らは人生、山岳民族の食べ物と伝統を勉強するために来ることができます。または、北部の都市に特有のユニークな寺院を訪れることができます。今回はメーホンソン県の4つの観光スポットをお勧めします。

メーホンソン県,タム・ロード

タム・ロード はメーホンソン県の有名なチェックインポイント観光スポットです。タム・ロードはバンマパー地区にあり、パイ地区の近いです。ここのハイライトは竹のいかだに座って、洞窟内の乳石と乳石の美しさを見ることです。ツアー中、地元のガイドが洞窟の歴史の物語を案内し伝えます。

メーホンソン県

ワットプラタートドイコンムーはは最も美しい場所であり、メーホンソン県を訪れる際には最も訪れるべき場所です。パゴダの建築は、伝統的なモンスタイルで、八角形のベースとセメント製です。パゴダは高い丘の上にあります。したがって、このパゴダのエリアに行くと、街全体の景色を見ることができます。パゴダの中には、ミャンマーからモッカラナ・テーラの骨があります。

メーホンソン県

ストンペ橋は田んぼに伸びるタイ最長の木製の橋です。メーホンソン県のこの橋は写真を撮るのに美しい場所です。この橋は竹で作られて、修道士が施しのために通り過ぎることを可能にするために村人の協力で建設されました。この橋を信仰の木製の橋と呼びます。

メーホンソン県

パン・ウンは、バントーン2のロイヤルプロジェクトで、メーホンソン県の観光スポットの一つです。パン・ウンの周囲の雰囲気はスイスのように見えます。パン・ウンの貯水池は松林に囲まれています。朝になると水面上に霧が浮かび、雰囲気はとても良いです。ほとんどの観光客はここでキャンプをするのが好きです。ここのハイライトは、白鳥と黒鳥に会う機会です。

メーホンソン県はリラックスして新鮮な空気を呼吸する旅行に適した小さな県です。ここへの旅行は以前より便利で、移動するのがずっと楽になる航空とバスがあるからです。暇があれば、 メーホンソン県を見に来ましょう。

サイアムの中心部にある4つの傑出したロケーションへ行こう

サイアム の名前について話す場合、誰もそれを知りません。サイアムはショッピングモールと有名なコミュニティモールです。美しいチェックインスポットに加えて、多くの有名なレストランやカフェがあるゾーンもあります。ここへ行くことはとても簡単で、BTSのサイアム駅から歩くこともできます。だから、サイアムの中心部にある4つの傑出したロケーションは興味深い場所です。

サイアム

サイアムパラゴンはエレガントに装飾された美しいデパートです。ここは買い物や散歩の場所であるだけでなく、家族の学習や活動の場所でもあります。例えば、KidZaniaと呼ばれるさまざまな職業をシミュレートする場所、Sea lifeと呼ばれる水の世界のシミュレートは、内部にはさまざまな水生動物の展示があります。例えば、ペンギン、ウミガメ、ヒトデなどです。

サイアム

サイアムディスカバリーは、サイアム周辺のもう1つの有名なモールです。2016年に改善を行った後、この場所は興味深いものになりました。内部には展示会と展示会のためのスペースもあります。

サイアム

近くには、サイアムセンと呼ばれるサイアムのエリアにあるサイアムディスカバリーとサイアムパラゴンに接続できるデパートがあります。モール内には多くのファッション製品があります。例えば、洋服、靴、バッグ、タイと外国の両方のブランドもあります。多くの有名なレストランやカフェもあります。

サイアム

サイアムスクエアワン は、若い人に人気の待ち合わせ場所である別の場所です。この場所はサイアム地区の一部で、現代のファッション、芸術、現代文化の中心地です。このエリアには、他のモールとは異なる装飾のレストラン、カフェ、ファッションショップがあります。

街でくつろぐ場所を考えているなら、 サイアムは興味深い場所と考えられています。ユニークな小さな路地に整理することにより、ワーキンググループと若い人の両方の社交に適しています。したがって、サイアムはバンコクの重要なランドマークです。

サイアムディスカバリー : 街の中心にある現代の観光スポット

サイアムディスカバリー

サイアムディスカバリー の名前について話す場合、誰もそれを知りません。サイアムディスカバリーはバンコクの中心部にある有名なモールで、10年以上営業して、多くの興味深い製品とエンターテイメントの中心のモールです。2015年、このモールは、18か月面白くするために改装のため閉鎖されました。そして、2016年5月に再発売しました。この再発売には、多くの素晴らしく興味深いものが付属しています。サイアムディスカバリーをライフスタイルショッピングで最も有名なショッピングセンターの1つにします。モールの内部は他のデパートとは異なるため、アジアで最も人気のあるモールです。 

サイアムディスカバリー

サイアムディスカバリーには8階があります。各階は、製品とサービスに応じてカテゴリに分類されています。装飾スタイルはモダンになります。例えば、G階は、女性専用のHer Labになってすべてのタイおよび外国のファッションブランドがここに持ち込まれます。 このエリアに入れるとき、あなたはあなたの服を設計するのを手伝うために個人的なデザイナーを持っているように感じるです。M階は、男性専用のHis Labになります。Creative Lab階は、創造性で装飾されて、ユニークなスタイルの製品を購入したい人に適しています。Street Lab階は、ストリートプロダクトが好きな人、特にティーンエイジャーに適しています。そして、Digital Lab階は、現代人向けのモダンな製品があります。

サイアムディスカバリー

サイアムディスカバリー現代またはデジタル時代のライフスタイルに適したコミュニティモールのようなものです。休日にサイアムディスカバリーに来たら、若者、学齢期のグループ、観光客、リラックスしたい人に会います。これは普通のモールではないから、ここは興味深いイベントや展示会の会場であり、訪問者にも新しい体験を提供します。

サイアムディスカバリーへ行くことはとても簡単です。複数の方法で旅することを選択できます。車なら、 建物内の建物に車で入ることができます。またはバスなら、サイアムディスカバリーモールの前には、通り過ぎる車がたくさんあります。しかし、最も人気のある方法は BTS です。サイアム駅で下車し、モールに直行できます。

トップ10タイのスパ 休日のリラックスのためのおすすめ

肉体的と精神的ストレスをもたらすストレスはすべてが日常生活に影響を与えます。ストレスの予防が最善の方法です。しかし、ストレスが発生した場合、マッサージでリラックスする方法を見つける必要があります。マッサージは血液循環を改善し、ストレスを軽減します。だから、次のようにトップ10 タイのスパ のおすすめです。

タイのスパ

1. ポタライレジャーパーク (Phothalai Leisure Park)

ここはあなたのニーズに合わせてから選択するスパがたくさんあります。例えば、タイ式マッサージ、エッセンシャルオイルのマッサージなどです。このスパは、ラムイントラ高速道路沿いにあります。スパに加えて、フィットネスセンターやゴルフ練習場などのアクティビティがあります。

タイのスパ

2. マルベリースパ (Mulberry Spa)

これは居心地の良いスパがソイスクンビット23にあります。マルベリースパで東洋と西洋のマッサージを組み合わせて、心身をリラックスさせましょう。

タイのスパ

3.ディバナバーチュースパ (Divana Virtue Spa)

これは市内中心部にある居心地の良いタイのスパです。ここで電車で旅行できます。BTSスラサックからわずか200メートルです

タイのスパ

4. オアシススパ (The Oasis Spa)

あなたはオアシススパで、街の中心にもたらされたタイの北部の街の雰囲気を体験することができます。このスパはスクンビットソイ31にあり、BTSプロンポンから簡単にアクセスできます。

タイのスパ

5. スパテン(Spa Ten)

このタイのスパは、サイアムアットサイアムデザインホテルアンドスパにあります。スパは、BTSナショナルスタジアム駅からわずか100 メートルだけです。

タイのスパ

6. レッツリラックススパ (Let’s Relax Spa)

ここはチェンマイの有名なタイのスパで、多くの支店があります。現在、パビリオン、チャンクラン通り、ターペー支店、ニマンヘミン通り、そして海外に支店があります。

7. バンヤンツリースパ (Banyan Tree Spa)

ここのタイのスパはバンコクのサトーンにあるバンヤンツリーホテルの21階にあります。このスパは、近代性と東洋の科学を完璧に組み合わせた街の中心部にあるリラックスできるコーナーです。

Sメディカルスパ

8. Sメディカルスパ (S Medical Spa)

Sメディカルスパ は、西洋医学と東洋医学を組み合わせたタイのスパです。このスパはウイタユ通りにあります。そして、ここは老化防止医学の専門家によるカウンセリングサービスもあります。

プラナリウェルネススパ 

9. プラナリウェルネススパ (Pranali Wellness Spa)

プラナリウェルネススパでは、フェイシャルトリートメントとさまざまなトリートメントを提供しています。スパはサイアムパラゴンの3階にあります。

タイのスパ,チバソムスパ

10. チバソムスパ (Chiva Som)

チバソムスパは、チバソムリゾートにあるタイのスパです。このリゾートには、総合的なヘルスケアのためのヘルスリゾートのコンセプトがあります。リラックスできるマッサージで、食べ物から体に栄養を与え、自然の環境を利用してストレスを治療する方法があります。このリゾートはプラチュワップキーリーカン県ホアヒンにあります。

安全な方法でストレスを緩和したい場合、トップ10タイのスパ・休日のリラックスのためのおすすめの場所からリラックスできる場所を選択できます。それでも、 心をリラックスさせることも、ストレスを軽減するのに役立つもう1つの方法です。

最高でトップ5のタイのストリートフードのおすすめ !!!

バンコクは食べ物が豊富な都市と言われています。どこに行っても、たくさんの食べ物があります。今回は、最高でトップ5のタイの ストリートフード のおすすめです。

ストリートフード

1. 戦勝記念塔

戦勝記念塔の周辺には、さまざまなストリートフードのレストランがあります。例えば、ボートヌードル、クアイジャブ、ご飯とカレー、カオマンガイなどです。おやつもたくさんあります。例えば、タイ風のたこ焼き、タイ風のクリスピーパンケーキ、コンポートなどです。このエリアには、日中と夜だけ営業しているお店が両方あります。

2. ヤワラート(バンコクのチャイナタウン)

夜のストリートフードといえば、バンコクの名前はおそらく「ヤワラート(チャイナタウン)」です。このエリアのレストランは主に夕方に営業しており、一部は夜明けまで営業しています。この道は、日中に来ると、寂しそうに見えますが、夜中に来ると、たくさんの店が並んでいます。ヤワラートには食べ物とおやつの両方があります。例えば、すき鍋、クアイジャブ、フィッシュボールヌードル、ダックポリッジ、ガチョウの煮込み、チキンヌードル、3色のブアロイ、パン、豆のトルティーヤなどです。

ストリートフード

3. ラチャワット/シヤン市場

ラチャワット市場とシヤン市場は徒歩圏内です。この市場は麺料理で有名なストリートフードの食べ物です。例えば、牛肉の煮込み麺、アヒル麺、イェンタフォなどです。そして、ジョクシヤン、 シーヤンご飯、パッドタイ、アサリのフライもあります。この周辺のレストランは、午後から深夜まで営業しています。ここを旅行する場合、いつも食べる食べ物があることを保証します。

ストリートフード

4. チャロエンクルン

チャルンクルン通りは、ストリートフードで有名なもう1つの通りです。有名な食べ物には エビとカニの両方の肉入りパッドタイ、あさり焼き、アヒル焼き、フィッシュケーキなどです。この近所のレストランは、奇妙でおいしい食べ物でいっぱいです。夜はたくさん店かあり、24時間営業の店もあります。

ストリートフード

5. タラット・プルー

タラット・プルーは別の多文化コミュニティです。多くの人種の人々が集まる場所だからです。したがって、ここではさまざまな種類の屋台の食べ物を見ることができます。例えば、グイチャイと赤豚の中国人の食べ物、タイ風のクリスピーパンケーキとベトナム風のクリスピーパンケーキ、タイ風のかき氷などのあります。

最高でトップ5のタイのストリートフードはあなたが興味があるかもしれない場所です。この休日に計画がない場合、最高でトップ5のタイのストリートフードに旅行してみてください。