Author: J.R.

バンコク「サイアム」のおすすめ観光スポット4選

バンコク中心部 「 サイアム 」観光客に有名な観光スポットをお見逃しなく!

サイアム といえば大抵の人がわかる超有名なショッピングモールやコミニュティモールが沢山ある場所、誰もが来たくなるところで写真映えにもってこいの場所がたくさんあり、有名なレストランやカフェなど出店してる場所です。

若者では電車のBTSを使う事で数分以内に「サイアム駅」に到着し、降りてたらバンコク内で最大スポットの1つに到着致します。休みの日の気分転換、お買い物や料理、撮影などお楽しみ頂けます。

では早速4つもの有名なスポットを見ていきましょう!

サイアムパラゴン (Siam Paragon)

Siam, Siam Paragon, Thailand Shopping

まずは1つ目 サイアムパラゴン。超高級な強大なデパートであり、とても綺麗な場所です。お買い物だけではなく、子供の未来のためいろんな職業を試して頂けるパークKidZaniaやお魚、ペンギン、亀などの生き物を生で見られる場所の水族館のSea lifeなどの勉強になるとこも含まれております。

サイアムディスカバリー(Siam Discovery)

Siam, Siam Discovery, Thailand Shopping

2つ目は 「サイアムディスカバリー」。パラゴンに寄った後軽く見て行ける場所で2016年に一度リニューアルしたばかりでとても興味のある展示会もちょくちょくと開催されております。

サイアムセンター(Siam Center)

Siam, Siam Center, Thailand Shopping

3つ目は 「サイアムセンター」 サイアム のもう1つの観光地でチェックインにおすすめな場所でもあります。サイアムディスカバリーとパラゴンの間に建っており、どちらのデパートでも行けるように道が作られています。中にはファッション系の衣服、靴、カバンなどのタイのブランド、海外のブランドがあります。それだけではなく若者に有名な日本食のレストラン、カフェや普通のレストランなどいっぱいあります。友達と待ち合わせに有名です。

サイアムスクエアワン(Siam Square One)

Siam, Siam Square One, Thailand Shopping

最後に 4つ目 「サイアムスクエアワン」。ここは サイアム の一部で、若者の待ち合わせ場所に人気です。ハイライトはニューファッションや芸術、現代芸術文化もあり普段と違う雰囲気のデパートを感じられます。四角のスペースを使い、気楽なカフェや甘いもの系のカフェ、コーヒーショップ、有名なレストランなど他にもお得の値段のファッションショップもあります。

サイアムに来るには一回だけじゃ足りないと感じられるかと思います、何故なら分かれ道のたびに店があり、友達や会社の宴会に似合うような店がたくさんあります

また、その裏にもステージやイベントスペースもあって毎回違うイベントが開催されています。

いかがでしょうか?

サイアム がバンコクで大切な観光スポットの1つの理由を納得していただけましたでしょうか?

パタヤの人気スポット5選

パタヤ、タイ旅行

パタヤ に到着した瞬間に、「こんなに賑やかで多文化な町になったね」と思いました。数百年前のパタヤはただの小さな漁村でしたから。しかし21世紀のパタヤはタイの特別市になっています。このビーチリゾートの町に道をまだよく知らない方に対しては、町の有名なイルカ像を待ち合わせ場所にするのもわかりやすくなります。バンコクにも行きやすくて、海にも近くてすぐ遊べる長所のため、 パタヤ には外国人が多く住んでおります。しかし町中心より郊外に泊まる方がおすすめです。このたび、外国人でもタイ人でも パタヤ に来たら絶対外さない大人気の観光スポット5選をご紹介します。

①パタヤウォーキングストリート

パタヤ、タイ旅行、パタヤウォーキングストリート

バリハイ桟橋から南 パタヤ ビーチの端までは悪名のウォーキングストリートという名で一般に知られています。ここは夜遊びの中心でナイトクラブ、特徴的なライブバー、ゴーゴーバーなどが沢山ある歓楽街。ウォーキングストリートに来て、色々な人達を出会ったり見たりして又は覗き見もここの一つの神秘的な魅力です。

②パタヤスイスシープファーム

パタヤ、タイ旅行、スイスシープファーム

スイスシープファームは パタヤ の家族旅行向けの新しい観光スポットです。ここはヨロッパの居心地いい田舎と同じディサインで、綺麗な水域の隣にある畜産も本物のスイス風農耕にも体験ができます。更にここはパタヤシティーに近くに位置しています。新たな経験として、ここの華麗なスイススタイルのホテルに寝泊まりして家畜達の鳴き声で目覚めてみるのはいかがでしょうか?シープファームという名前ですが羊以外のポニー、馬、黒•白鳥及びファーム内に歩き回っているアルパカもいます。

海遊びやスマホゲームの代わりに子供たちがここで家畜にエサをあげたり、馬乗りしたりする事で一日中かけて楽しめます。ここは本物の動物達と遊べて老若男女の誰でも楽しく過ごせます。ファームになってますが色々なゲームと乗り物などのアトラクションもいっぱいあって、それ以上はファーム園内の全部を見れるように観光遊覧車のサービスもしています。スイスファームの宿泊は全部14室の中でスペリア室、デラックス室とファミリー向け室の3種類に分けています。各部屋の装飾も違って、東南アジアに旅行するのに独特でアンティークな欧風の雰囲気にも味わえる観光スポットです。更に宿泊のゲーストならファーム入場無料です。一般の料金は90バーツで、子供が50バーツです。

営業時間は10:00〜19:00です。(無休)

③アートインパラダイス

パタヤ、タイ旅行、アートインパラダイス

アートインパラダイスは北 パタヤ に位置している3Dアートミュージアムです。この5800平方メートルのエリアに約10室があって、 部屋の中に人の手で描かれたオリジナル絵画が現れています。各部屋のテーマも違っています。

  1. Camouflage room(偽装アートルーム)
  2. Underwater room (アクアルーム)
  3. Wild animals room(サファリルーム)
  4. World Art painting room (世界の有名絵画ルーム)
  5. Surrealism room(シュルレアリスムルーム)
  6. Dinosaur room(ダイナソールーム)
  7. Waterfall room(瀑布ルーム)
  8. Civilization Room(世界文化ルーム)
  9. View Room(景色ルーム)
  10. Art Gallery(アートギャラリー)

    営業時間は9:00~22:00時半です。

④パタヤ水上マーケット

パタヤ、タイ旅行、水上マーケット

タイの全部77県からの文化がまとまってパタヤ水上マーケット一ヶ所で展開されています。この文化施設のどのコーナーと方向でもタイの生活様式を見られます。72ライ(28.5エーカー)の広さもあり、歩き回ったら沢山のお店及び様々なタイ文化も目に入ってきます。船チケットを購入し、小舟にに乗って全域を遊覧することもおススメです。ここにはタイだけじゃなくて色んな国の贅沢な食べ物がも食べる事ができるので、国に限らないでいっぱい試しましょう。

⑤フロスト・マジカル・アイス・オブ・サイアム

パタヤ、タイ旅行

読み間違いではありません。その通り、タイの パタヤ にも雪と氷があってフロスト・マジカル・アイスパークに来たらいつだって雪をで楽しめます。一日中に家族で楽んでいきましょう。30,000平方メートルのエリアでどれぐらいの雪像を並べれいるかと想像できますか?この広い敷地には歩き回れば回るほど驚くぐらい素晴らいものに出会えて、夏の東南アジアでもこういう事が可能にできる21世紀にある技術のです。ここの温度はタイの地方に起こった事がないマイナス10度なので、対応できるコートなどの厚い服装とブーツが必要です。鼻と耳が冷えてしまうほどの寒さの経験を初めて得るタイ人も沢山いるでしょう。体を温かくする服を忘れて来ている場合に、ここのセーターをレンタルできます。ここにある雪像達はタイと世界コンテストに優勝したアーティストが制作した作品です。それらでタイアーティストも固有で巧みな芸術能力を持ち、想像力と腕でなんでも上手に制作できる事が証明されています。そしてアジアに一番大きい氷ドームもここで建設されています。観光人のみんなが東南アジアにいるのに、お互いの白い息を見えてホットチョコレートを味わいながら美しい氷像を遊覧できます。

フロスト・マジカル・アイス・オブ・サイアムは様々な部分があります。例えば「ヒマパーンの森」というテーマ、みんながタイの古代伝説に連れて行かれるほど美しい砂像が並んでいます。そこ以外に、ドーム内でアイス滑り台を遊ぶのとカナダ北部からイヌイット風のイグルーという家を見に行くなどのチョイスもあります。
営業時間は9:00〜21:00です。

つまり、 パタヤ は消費財の何でもあり、どこからの観光人も訪れてくる小さな町に成長してきました。実は1960年代の前半から、 パタヤ が小さい村になっていましたが、現在では人数に限りがないタイ人でもお住みの外国人でもここで多種な面白い活動を楽しめて過ごせる町に変わりました。百年間以上に大勢な町のバンコクからただ100キロの距離だけで、首都のストレス又は軍営のような厳しい日常から休憩したい人達にもタイの素晴らしい入海でマリンアクティビティしたい人にもぴったりです。この微笑みの国に旅行をするとしたら、是非プランに パタヤ も入れみましょう!

バンコク:ラッタナコーシン島日帰り旅行

タイ、バンコク、日帰り旅行

バンコク で文化、歴史的な活気、建築スタイル、職人技及び唯一な雰囲気を味わる為に全部を歩き通して実見すべきの「 ラッタナコーシン 」という所。せっかくの眺めを見逃さないように一瞬でも目を閉じてはいけません。

ここはラッタナコーシン島とよく知られていますけれども、実は本当の島ではなくバンコク中心にある旧市街です。どうして島だと呼ばれているかと言うと、ここは島みたいにチャオプラヤー川と沿っている川と区域の内外に流れているアーチ形の疎水に囲まれている土地のです。


川に近い方はプラナコーン区にある1.8平方キロの域内です。域外の方はチャオプラヤー川の北部に囲まれています。色々な方向からの疎水で卵形が作られ、都内に色めきの島ができました。確かに「トゥク・トゥク」のドライバー達は合法的に免許証を所持していますが、料金を聞いたら体大高値になるので、朝早くから徒歩で観光するのは一番おすすめです。何代にも渡って文化的に豊かなエリアで他所から目立たせている訳で史跡、博物館、寺院及びタイ王国歴史ファンのメッカもここに全部あります。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)

ワットプラケオ、エメラルド寺院、タイ、バンコク

タイ王国の重要な仏教寺院だと思われている「ワットプラケオ」はバンコクの歴史中央スポットで、王宮敷地内に設置されています。美しい建築で、更に昔からの都市の遺物も置かれています。ただの数百バーツだけのチケット代で外国人の誰でもそういった経験を得られます。仏教の秘術な習慣も含めてバンコクの昔を見られるように文化美術の全てがここに保護されています。

ワットプラケオ1882年に建設され、ラーマ1世の指示に従って内部のデサインが昔のアユタヤ時代を思い出させるようにされました。タイでは、保守系の仏教寺院に入場する時に、マナーとドレスコードについてご注意は必要で、そうでないと大宮に入場ができません。ノースリーブシャツやショートパンツ又はスカートなど露出する服装をしていない事、入場前に確認をお忘れずに進みましょう。もしくは入り口で上着とサロンスカートを貸し出しもあります。

ここでは、入場してから敷地の最後までずっと彫刻、仏塔及び回廊の絵などの圧倒的な美しい芸術を沢山見られます。もし特別な日に行くと、金色の僧衣をまといている「エメラルド仏」にも会えます。タイの国王の指示と仏滅紀元に合わして、季節が変わったらエメラルド仏の衣替え儀式を行います。ワットプラケオの美しさは隈なく一見の価値なので、全部を巡覧できるように早く行って思い出としていっぱい写真を撮りましょう。営業は8時半〜15時半です。

王宮(グランドパレス)

王宮、グランドパレス、タイ、バンコク

王宮はワットプラケオと同じ場所です。ワットプラケオの巡覧が
終わったら、続いて王宮にも入りましょう。ここはラーマ1世〜5世のお住みの宮でした。仏教寺院のワットプラケオと一緒に設置されていますが、王宮の方はタイとヨロッパスタイルの組み合わせを装飾されました。

現在ではもう国王のお住みじゃなくなって、タイの人気な観光地になりました。最高の思い出になれるほどの華麗さで、いっぱい写真を撮ってしまいそう。もちろん撮影ルールを守りながら撮っていきましょう。

20世紀から王様がこの王宮に居住を中止しましたが、宮殿は今でも大礼を行われます。訪れる日を忘れられないぐらい、バンコク旅行としたら絶対王宮を欠けられません。営業時間は8時半〜15時半です。

ワットポー

ワットポー、タイ、バンコク

ワットプラケオと王宮に訪れたの次は涅槃仏寺の「ワットポー」
でゆっくりしましょう。ワットプラケオの後方から10分だけかかってここに歩けます。実に素晴らしい仏教の世界で、誰でも自分の目で実見したい。ここは都内の最大の寺院の一箇所であり、全長46メートルの大きさで全体に金箔を貼られている涅槃仏は一番有名です。

本堂に入る時土足厳禁ですのでご注意ください。さらに観光だけではなく、ワットポーに来たらタイ古式マッサージもおすすめです。ここはタイ古式マッサージの総本山で敷地内にマッサージスクールがあります。タイ古式マッサージを試し、疲れを癒すのはワットポーがぴったりです。 営業時間は8時〜17時です。

ワットラカン

ワットラカン、タイ、バンコク

ワットポーの美しさとマッサージを楽しめた後、ワットプラケオの方に向き、フェリー乗り場「ターチャーン」のサインを探し、交通費が3バーツだけの「ターチャーン〜ワットラカン」行きの船に乗ってチャオプラヤー川を渡りましょう。「ワットラカン・コシターラーム・ウォーラマハーウィハーン」、普通は「鐘の寺」として知られています。

ここでは魚、亀、小鳥及び爬虫などの自然に逃させ待ちの小さな生き物がいっぱい売られています。仏教によって命は神聖と信仰信じており、生き物を居場所の自然に抜かしたら自分人生にも徳業が訪れると信念があります。この行動は仏教の礼拝式として行われています。

ワンラン

ワンラン、タイ、バンコク

いつの間に一日が終わってしまう前に、バンコクのワンランマー
ケットに寄ってみるのはいかがでしょうか?ワットラカンからちょっと歩くだけで行けます。

オシャレな服やビンテージスタイルなどの服がたくさん売られている大きい市場で、タグからもっと値段下げてもらってショッピングを楽しめます。フリーマーケットみたいに中古アクセリー、カバン、靴及びお土産でもあり、更に食べ物の屋台とレストランも並んでいます。